インフルエンザなのに陽性反応が出ない件を解説

 

 

ついにインフルエンザが猛威をふるい

自分だけでなく、我が子の体調が心配になってくる

季節になってきましたね…。

スポンサーリンク

 

息子はインフルエンザが流行れば休園になりますが

僕は会社が休みになることはありません。

 

 

我が家で一番インフルエンザの危機にさらせれるのは

僕であります。

 

 

そして、ひとたびインフルエンザにかかってしまうと

感染しないように、家の中で隔離されてしまうという

悲惨な状況に陥ってしまいます…。

 

 

 

どうやってインフルエンザと分かるのか?

 

OZPA87_shinsatusuruisya20140321500

 

 

インフルエンザにかかった疑いがあれば、

まずは病院に行きましょう。

 

内科ではインフルエンザの検査キットがあり、

鼻の奥などの粘膜をとることでインフルエンザかどうかを

判定します。

 

しかし、病院に行くのが早すぎるとインフルエンザであっても

陽性反応が出ません!!(インフルエンザとみなされません)

 

 

なぜインフルエンザなのに陽性反応が出ないのか

 

現在の検査キットでは

発症から12時間経っていないとインフルエンザであるという

反応がでない場合があります。

 

 

インフルエンザのウィルスは体に入ると、

一個だったウィルスも24時間後には100万個に増えると言われます。

 

しかしながら、12時間前後の検査ではウィルスの数が少ないため

陰性(インフルエンザではない)とされてしまうケースもあるのです。

 

 

 

薬が効くのは発症後48時間以内

 

早すぎてもインフルエンザと認められないならば

十分に発症してから病院に行けばいいのか…

 

というのは大きな間違いです!!

 

 

抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内に飲まないと

意味がありません。

 

 

つまり、発症してから12時間以上48時間以内に病院に行く

必要があるのです。

 

 

 

最後は医師の判断に委ねられる

 

検査が早すぎると、陽性反応が出ないと書きましたが

明らかにインフルエンザの症状が出ていると医師に

判断されたには、それ相応の処置がなされます。

 

 

ので、「なんか風邪と違う気がする」と思った時、

症状が我慢できそうにないときなどは思い切って病院に

行きましょう!!

 

 

辛いままで放っとたり、病院に行くと逆に移されそうと

思ってしまって診断せずに、重症化してしまうことも

あるそうです。

 

 

インフルエンザの予防接種をした方も油断はできません。

予防接種してもインフルエンザにはかかります。

 

 

 

インフルエンザなど病気にかかると健康のありがたみを

ひしひしと感じますよね…。

 

 

そうならない為にも、まずは予防することが大事です。

手洗い・うがいなど基本的な予防をして

健康な毎日を送りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です