服部緑地プールのピークの混雑状況は?駐車場は競争率高し!

スポンサーリンク

大阪の北摂地域では非常に有名な
服部緑地のプール「ウォーターランド」。
夏になると家族連れをメインに
大勢のお客さんが訪れます。

 

そんなウォーターランドの混雑状況や
口コミ、駐車場などの情報をまとめましたので
まだ行ったことのない方、これから大阪近辺の
プールへ家族で行こうと考えている方は
ぜひご参考にしてみてください!

スポンサーリンク

服部緑地・ウォーターランドの魅力とは?

ご家族づれで行かれる方や小さいお子様を
連れて行かれる方にとってプールの状況を
事前に知っておくことが親としての絶対条件です!

 

いざ、ウォーターランドに行って
家族で迷子になったり混雑でめちゃくちゃ並ぶ、
という状況にならないためにしっかり予習しましょう!

 

プールの種類が豊富!

  • 1周250mの流れるプール(水深1m)
  • 無料のスライダー(120センチ以上の方のみ)
  • なぎさプール(0〜1.2mの遠浅プール)
  • 幼児プール(0.3m、滑り台あり)

小さいお子様がいても楽しめますし、
小・中学生でも流れるプールやスライダーを
楽しむことができますね〜!

 

気になる混雑状況は?

プール自体は「芋洗い状態」まで混むことは
少ないですが、プール以外の敷地は場所取りで
混み合います。(持参した簡易テントがギッシリ…)

 

 

以下から詳しく説明していきます。

駐車場は混雑してる?

最寄りの駐車場は「服部緑地公園第二駐車場」です!
1時間420円からの料金で6時間以上で
最大料金の1030円となります(24時間までが最大料金)

プールの出入り口に一番近い駐車場なので
大変な人気があります。
お盆や土日は開場時間の9時頃には行っておかないと
たちまち満車になってしまいます。

 

夏場の混雑期にはスポーツ広場Aやスポーツ広場Bが
臨時駐車場になりますが、少しでも外を歩きたくない
プールで涼んだ後にまた汗かきたくないという方は
早めに行って第二駐車場を確保しましょう!

 

 

プール内は混雑してる?

このウォーターランドは簡易テントの持ち込みが
許可されています。(ワンタッチの簡易なテント)

 

しかも、プール内には日陰になる場所が
ほとんどありません。

 

なので、
ほとんどのお客さんが少ない日陰を陣取るか
簡易テントで芝生面を占領することになります。
テントだけでなくレジャーシートも
たくさん敷かれることになります汗

つまり、プールよりも周囲での自分の陣地確保に
力を入れることが家族連れには重要になります。

 

プール内の混雑時間は13時頃がピークを迎えます。
やはり、午前中の早い時間には入場して
場所を確保した方が、お昼ご飯などもゆっくり
食べられますし途中の休憩もできますよ。

 

ウォーターランドの口コミは?

では、実際に服部緑地のウォーターランドに
行ったことのある方はどんな意見をお持ちでしょうか。

 

 

ツイッターで色々と検索してみたんですが
「混んでる」というつぶやきは見かけませんでした。
僕もめっちゃ混んでるという印象は
ないんですよね〜。

 

この二つのつぶやきを見てもらうと
わかる通り、やっぱり日陰が少ないので
日焼けには絶対的な予防が必要です。

 

特に女性や、小さいお子様は油断せずに
日焼け止めを塗りたくりましょう!!

 

 

服部緑地への個人的な印象とまとめ

夏場のウォーターランドは午前中(開場直後)に
向かうのが鉄則となります。

 

そうすれば駐車場も良い場所が確保できて
木陰などの数少ない場所に陣地を確保できます!

 

13時頃のお昼過ぎが小・中学生も増え
ピークの時間帯となりますのでそれまでには
食事も終えておきましょう。

 

帰りに200円のかき氷を食べながら
帰るのが我が家のちょっとしたイベントです笑

個人的な意見としては、家族連れと小・中学生が
メインでたくさんいるんですが、
ちらほらと若いギャルやスタイルの良い女性
グループが多い印象です(パリピな感じ)笑

 

暑さを逃れると同時に、お父さんの目の保養にも
なるかもしれませんので普段から仕事を頑張っている
パパさんはこっそり服部緑地プールを提案してみては
いかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。