〈ドラフト注目〉大阪桐蔭・イケメン藤原くんの評価はホームランだけじゃない!

藤原恭大 筋肉
スポンサーリンク

大阪桐蔭高校の藤原恭大選手が夏の甲子園でも大注目の活躍を見せてますね。僕も昨年あたりから名前だけは知っていたんですが、ここまで有名になってくると注目ポイントをまとめてみたくなりました!

 

今回は、2018年ドラフト1位間違いなしの大阪桐蔭高校の藤原恭大選手について色々と掘り下げて書いていきます!

大阪桐蔭・藤原恭大のプロフィール

藤原恭大 大阪桐蔭

もうここまで有名になっていたら「もう知ってるよ!」というツッコミも聞こえてきそうですけど、一応知らない方のために書いておきますねw

藤原恭大のプロフィール
  • 名前:藤原恭大(ふじわら きょうた)
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 生年月日:2000年5月6日
  • 身長:181㎝
  • 体重:80㎏
  • 投打:左投げ左打ち
  • ポジション:外野手
  • 経歴:大阪府豊中市立原田小学校→大阪府豊中市立豊中第五中学校→大阪桐蔭高校
  • 趣味:漫画
  • 好きな球団:ソフトバンク
  • 好きな選手:柳田悠岐(ギータ)

もともとお兄さんの影響で6歳で野球を始めたのが藤原選手の野球人生の始まりでした。

 

小さい頃からモテモテだったみたいで、男としては羨ましい限りです!w

中学から硬式野球「枚方ボーイズ」に所属して、お兄さんの通っていたPL高校を目指していました。でも、PL高校が部員募集を停止したため、大阪桐蔭高校に進学することになったんですね〜。

 

もし、1年でもPL高校の部員募集停止が遅れていたら、藤原恭大選手が甲子園で活躍する姿は見れなかったかもしれません。これも運命の仕業なんでしょうか。いきなりスター性に溢れてますねw

 

高校野球を知らない方でも「大阪桐蔭」と聞けば「甲子園」と答えるくらい強豪校として浸透している大阪桐蔭高校。藤原恭大選手は入学した年の7月からレギュラーに第抜擢されます。

 

↓動画は1年生6月の頃の先頭打者ホームラン

で、そのスター集団で1年生ながら秋には「8番」というレギュラー確定の背番号を背負ってますんで、その期待っぷりも半端ないわけです。あの銀河系軍団・大阪桐蔭で1年でレギュラーですよ!

 

いかに、素晴らしいセンスの塊だったかが分かるエピソードですね。

ちなみに2年生だった2017年春の甲子園では決勝戦でホームランを2回も放つ大活躍を見せ、見事優勝に導いた立役者です。当時は清宮選手の話題で隠れてましたけど、普通に考えてヤバいですよね!

藤原恭大は1番バッターがいいのに!

まぁ個人的な意見になるんですけど、僕の中では藤原恭大といえば「1番バッター」「リードオフマン」なんですよね。第一印象のせいもあるかもしれないですけど。

 

今回(100回大会)は不動の4番バッターとして主軸に座っていますが、僕の藤原恭大は打って走って守れるという最強の1番バッターなんですよね!

 

久しぶりにこんなユーティリティープレーヤーが出てきたな、とワクワク期待しながら熱闘甲子園を見ながらビールを飲んでいた夜を思い出しますw

 

と思ってたら、高校野球大好き芸人のかみじょうたけしさんも似たことを言ってて鳥肌立ちました!

が、やはり1番バッターの藤原恭大が観たい。どうしても「1番藤原」が観たいのだ。それは何故なのか?

現在セ・パ12球団でナンバーワンのリードオフマンは?と聞かれれば、ライオンズの秋山翔吾と答えるファンが多いだろう。守備はもちろん、一発もある打力に加え、やはり脚は魅力的である。

ボテボテのサードゴロや、少し深めのショートゴロで一塁にたどり着けば、何としてでもホームに帰ってくるという球界ナンバーワンの得点力の高さ。単純に相手より1点でも多く得点した方が勝ちというルールの中では、最も評価されなければならない部分だろう。その部分において、藤原選手は現在の高校球児の中で、一番近い匂いがする選手だと思っている。

つい最近お会いしたある球団スカウトさんは「秋山選手?素材なら断然、藤原君が上。うまく育てば超えますよ」と証言。つまり、日本一の1番バッターになれる才能を備えているのだ。

そして、先日の近畿大会では1番バッターとして復活。久しぶりの1番に抑えが効かなかったのか、第1打席のなんでもないライト前ヒットで二塁を狙いタッチアウト。この辺りの“かかり具合”もたまらなくいい。

終わってみれば5打数5安打と大暴れ。特に第5打席のツーベースでの一塁を回ってからの加速はさすがの一言。ただ、本人曰くまだ病み上がりで筋力が戻っておらず、まだまだスピードはあんなものではないのだと。思わず笑うしかない。

引用元:デイリースポーツ

野球で目立つといえば「ホームラン」ですし、スポーツニュースも派手なホームランの方が使いやすいので、どうしても藤原恭大の打力に目が行きがちです。

 

でも、打力だけではなくめちゃくちゃ足が速いんですよ!

キャッチャーが「走る(盗塁される)」って分かって立ち上がって(2塁に投げやすいように)捕球したにもかかわらず余裕で盗塁成功。しかも、ボールを後逸する隙に3塁まで走ってしまうという俊足ぶりです。

 

さらにその足の速さもあって守備範囲の広いセンターを任されています。やばい、褒めるとこしかない…笑

 

怪我があって夏は4番打者へ

足も速いということで、1番バッターで活躍していた藤原恭大選手ですが、2017年10月に右膝を痛めてしまいました。

昨年10月に痛めたのは右足の膝窩筋(しっかきん)。なかなか痛めることのない箇所。下半身のパワーが強すぎ、まだ体がついていけなかった。最終学年を迎える冬は、もどかしい時間を過ごした。完治していなかったが「全力で走れます」と焦る藤原を抑えたのは、西谷浩一監督(48)。「焦ったらいけない。今無理して、この後に響いてきたら」。今センバツと夏を見据えての判断だった。

この日も西谷監督は足を生かせる1番ではなく公式戦では初となる4番に据えた。ランナーコーチも「際どいところは回さない」と試合前に打ち合わせていた。だが、抜群の身体能力と野球センスを誇る藤原は、聖地で鮮やかに復調を印象づけた。

引用元:日刊スポーツ

やっぱり僕の中では1番バッターのイメージなんですよね。しかも普通の1番バッターじゃなくて「最強の1番バッター」です!

 

今では本調子に戻っていそうですね。甲子園ではアドレナリン出まくりで痛さなんて感じないと思いますが汗

 

マジでイチロー以来のすごい選手になってもおかしくない素材だと思います!

親思いでイケメンで筋肉バキバキ!(敵なし)

名プレイヤーの条件の一つとも言える「人間性」。ゴジラ松井選手も人間性の良さからメジャーリーグでも大人気でしたよね。

 

藤原恭大選手の人間性の良さをうかがわせるエピソードがこちら。

なんて泣かせるエピソード!!
息子のいる僕からしたら、自分の子がプレゼントした金バットで甲子園で活躍してくれるなんて親孝行がこれ以上にあるでしょうか!?

おっちゃんの心鷲掴みですわ!そして、最初は金バットを恥ずかしがって使ってなかったところが藤原くんっぽくて可愛いですよねw

 

実は、あんなにイケメンなんですが恥ずかしがり屋さんなところが可愛いんです。萌えポイントですね!w

なんか興味があって映りたそうにしながらも、恥ずかしがって前に出ない感じが可愛いですよね笑

 

イケメンなのにハニかむ笑顔がイケメン度をあげてると思います。でもやっぱり、打席に立つ時の真剣な眼差しがかっこいいですよね!

藤原恭大 彼女

ちなみに、イケメン藤原くんは顔だけでなく、腕の筋肉がやばすぎると話題になっているようです。

 

確かに筋がキレていていいですね〜!ムッキムキというよりバッキバキな印象です。筋コリコリしたい女子高生も多いことでしょうね〜。

でも、大阪桐蔭野球部は恋愛禁止!藤原くんに彼女はいないでしょう!(世の女子たち、引退後がチャンスですよ〜!w)

 

なおかつ、スマホも禁止なのでツイッターでアカウントを見かけるのは偽者のようですね。なんの目的があって偽物を演じるのかは不明ですが…。

と思ってたら、上のようなツイートを見つけました!藤原くんを装って女の子を騙そうとする奴がいるんですね!!これは許せん、マジで!!

 

本気で野球一筋で打ち込んでいる選手の名を汚すような真似すんな!!

 

ドラフトのスカウトの評価は?

気を取り直して…。
今回の夏の甲子園での活躍で今まで以上に選手としてのスカウト評価が上がっています。

2018/8/19、「藤原は、前の打席で厳しい内角球にどん詰まりにされた球(記録は内野安打の)を待って、右翼席に運んだ。普通の高校生ではよくて芯を食ってファウルで、それを本塁打にした。プロの投手と打者の対決でやるレベルのことを意地でやっている」(ロッテ・永野チーフスカウト)

2018/8/19、「藤原は、前の打席で打ちとられたような球を狙って、一球で仕留めて右翼へ本塁打。能力の高さを再認識した」(ヤクルト・阿部スカウト)

2018/8/18、「西武の秋山や元広島の前田智を思い出させる。走攻守どれもレベルが高い。高卒外野手ながら、その能力は疑いようがない」(日本ハム・山田スカウト顧問)

2018/8/18、「すべてが高いレベルで備わっている選手。バッターは7割は打てないが、守備、走力でカバーできる。調子に左右されず使えるのは魅力。3割30本30盗塁を目指せるタイプの選手」(中日・中田スカウトディレクター)

2018/8/14、「藤原は、春は右膝痛の影響もあって、抑え気味にプレーしていたけど、足に関してはNo.1。走攻守、肩も含めてトップクラスの外野手で、何年かに1人の完成度ですね」(巨人・岡崎スカウト部長)

2018/8/14、「藤原はここ一番の集中力がすごい」(ロッテ・永野チーフスカウト)

2018/8/14、「2試合を通じて、潜在能力と大舞台で力を発揮する能力をまざまざと見せつけた。2人(藤原と根尾)は凄い」(阪神・畑山チーフアマスカウト)

2018/8/14、「一振りで仕留める技術がすごいし、群を抜いている。(本塁打は)右打者が引っ張ったような打球だったし、あんな打球はなかなか打てない」(広島・鞘師スカウト)

2018/8/14、「打って投げてという選手としての基本は当然として、バックアップやカバーリングが素晴らしい。センスを感じたし、判断もいい」(中日・中田スカウトディレクター)

2018/8/13、「(高校生の外野手は)能力を評価されづらいポジション。1位候補に挙がる時点で本当にすごい。何年かに一人の素材」(ソフトバンク・永井スカウト室長)

2018/8/13、「藤原は打撃はいうまでもなく、足の故障が治ってスピードが戻った」(中日・米村チーフスカウト)

2018/8/12、「非常に良い選手ですね。他球団もそう思っているでしょうが、非常に魅力的な選手。足も速いし、打つのもいいし、肩もいい。野球の要素を兼ね備えた選手。1位候補には当然、挙がっています」(ロッテ・林球団本部長)

引用元:ドラフト候補のスカウト評価簿

すでにドラフトで指名することは決まりきってるかのようなコメントばかりですよね!

 

もはや一位指名しなきゃ取ることはできない逸材です。甲子園が終わっても11月のドラフト会議ではまた話題を集めそうですね!

藤原恭大を応援しよう!

知れば知るほどに大阪桐蔭・藤原恭大選手の魅力が出てきますね〜!ほんと記事にして良かったです!

 

ツイッターを見ても藤原ファンって愛に溢れた方が多い印象があります。藤原くんの人間性がそういった良い人を集めているんでしょうね!(間違いない)

 

さらに、大阪桐蔭高校という野球部全体がそういった「選手を育てる」という環境が整っていて、一つの夢に向かう気持ちでまとまっているんでしょうね。ツイッターで素敵な動画を見つけました。

ファンの方からもすごく愛されてるのが伝わってきます。

 

将来、アメトーークでも「藤原恭大すごいぞ芸人」なんて特集が組まれると期待したいです!いや、それくらいの能力を持ったすんごい選手だと思います!

 

これを機に、藤原恭大選手だけでなく、高校野球(甲子園)やプロ野球など野球界のファンが増えてくれることを願います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。