社畜の僕が「働く」と「稼ぐ」の違いを考えている。

働くとは、どういうことでしょうか? 「お金のため」は「稼ぐ」ということで「働く」とは違うのでは…?     どうも、ささZです。     30歳を迎えてからというもの、働くということに対し 疑問を持つ日々が続いています。

 

このまま同じ毎日なのか、という疑問

20代の頃は、働いて働いて、残業して働いて、そして給料をもらって。 お金をもらうために自分の時間を犠牲にしてでも働くことが美学なのだと 思って、働いていました。     それが、全うな生き方なのだと思っていました。 就職した年の23歳で結婚して、その翌年には息子が生まれて今まで働いてます。 今になって、このまま定年まで同じように過ごして行くのかなと思うと 「むりむりむりむりmるりmrみうりrみるい…絶対無理!!」という自分がいます。     今いる職場では、40代の上司がトップです。それ以上の年齢の人はいません。 つまり、50代・60代の見本となる社員は僕の周りにはいないのです。     だから、先が見えません。 その年齢になったときの自分が全く想像できないんです。     このまま働いていると、僕はどうなるのでしょうか?

「働く」とは何なのか?

家族を養うためにお金を稼ぐこと。仕事をする上で、これが僕の最大の目的です。 でも、それは果たして「働く」ということなのか。     「稼ぐ」という言葉で、僕の目標は達成するのではないかと思うんです。 それは「働く」ではなく、「稼ぐ」という行為。     稼ぐことは、今の会社でなくとも出来ることです。     汗水流して、頑張ったなぁ!! 今日も一生懸命に働いたから、こんなプロジェクトができたよ!! は、「稼ぐ」という行為なのだと思うんです。     「働く」ではないと思う。     「稼ぐ」イコール「作業」に近いものがありますね。僕の感覚では。 自分の心が込もっていない。     じゃあ、「働く」って何なんだよ!! 働くって何なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

今思っていること

会社に勤める以上は、会社に雇われているわけですから命令も聞かなきゃいかんし 不条理なルールにも従わねばならないわけです。     しかし、それは「作業」を強いられているのと同じことである。 自分の意志があって働いているわけではない、と考えています。     それでも、それを続けていれば安定した収入があるんです。 大きな会社であればあるほど、安定しているのかもしれません。     しかし、その仕事のせいで「家族」をないがしろにせざるを得ない。 「稼ぐ」ために自分の時間を削り、会社のために汗水流して、苦しい思いして 労働しないといけない。     でも、会社はこれっぽっちも自分の存在を知らない。 その他大勢の誰かがせいぜい頑張ったんだろう…としか思っていない。     そんな生き方でいいのでしょうか?     もし、仮にですよ? 「会社のために」と思って、頑張って仕事したのに ある日、突然「そんな仕事しなくていいから…。会社にとって損害だよ」と 言われたら、どう思うでしょう。     今までは、会社に「頑張れ、お前らにかかってるぞ」と囃し立てられ それにつられ「稼いで」きた僕。           今、僕は悩んでいます。 会社で働くというのは、そういうことなのかもしれません。 不条理で、不合理で、現場にとっては意味がないことを平気でやる。       そんなことを考えているとある2文字が浮かんでくるんです。 僕もそうですし、この記事を関心を持って最後まで読んでくださったアナタも。       「社畜」       ということなんでしょう。 どうにか一糸報いたいもんです。     そんな毎日を過ごしながら、僕の迷う日々は、まだまだ続きそうです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です