【マル妻】松鳳山の嫁と子供がかわいい!引退危機の理由は賭博?

9月25日(月)の19時から放送予定の「結婚したら人生劇変!〇〇な妻たち」に出演する大相撲の松鳳山の妻あいさん。もっとも激しい格闘技とされる大相撲の力士を旦那にもつ妻のあいさんにはどのような苦労があり、夫を支えたのでしょうか?

 

また、お子さんや松鳳山の引退危機についてもご紹介します!

スポンサーリンク

松鳳山と妻の馴れ初めは?

松鳳山 妻

二人の交際は2012年3月から始まりました。もともと保育士をしていたあいさんは松鳳山の3歳年下の女性です。

 

第一印象は、ハワイの相撲取りかと思っていたというあいさん。松鳳山が日本人だったことや同じ福岡県出身だったことにすごく驚いたようですねw

 

付き合っていた時から「三役にならないと結婚しない」と言われていた松鳳山は2013年に見事に三役である小結に昇進しましたね。彼女への愛情を理由に相撲を頑張るって素敵な動機だと思います!

 

将来の奥さんを支えるために俺は強くなる!っていう意気込みだったのかもしれません。

 

また、プロポーズをされた時にはすでにお腹の中には赤ちゃんがいたようで、もしかすると三役に上がらなくとも結婚はしていたかもしれませんし、松鳳山本人も妊娠を聞かされて発奮したのかもしれません。

 

どちらにしても、妻のあいさんには力士の妻として旦那を勝利に導く度量が備わっていたのかもしれません!

 

松鳳山と奥さんの子供は?

結婚する際にはすでに妊娠していたので、現在はもうすぐ4歳になる息子さんがいます。お父さんの遺伝子を引き継いでいるとなると大きな体つきになりそうですね!

 

でも、クリクリした可愛い顔をしてますので、イケメン路線での活動も考えられますね!

 

 

野球賭博で引退危機?

実は松鳳山には、野球賭博に関与しながらも申告せずに名古屋場所に出場し、罰せられた過去があります。その際は2場所の出場停止処分が下され、幕下に陥落してしまいます。

 

他の力士は関与を認めて罰を受けた後に、申告せずに名古屋場所に出場していたために解雇(クビ)の可能性もあったとみられます。しかし、結果的には引退するのではなく、今まで支えてくれた人たちに恩返しすると思い直し、もう一度良い相撲を取ることに専念するようになりました。

 

この時点で、あいさんとの交際は始まっていました。しかも、付き合いたてですね。もし、愛情がなければ別れていたでしょう。二人の愛はそれほど強く、あいさんの支えもあって再起を目指すことになったのだと思います。

スポンサーリンク

負けすぎで引退危機?

2013年の小結昇進から在位を続けていましたが、2014年頃から負け越しの場所が増えるようになります。

 

相撲部屋を移籍し、松ヶ根部屋所属となった新入幕後も負け越しが続いてしまいます。

 

2015年の3月場所では1勝14敗となり、十両へ陥落します。その後の2場所も負け越してしまい、引退も考えるようになったそうです。

 

そんな時に奥さんのあいさんから「やめればいいじゃん」と言われたことが発奮材料となり「まだやりきっていないから、もう一回頑張らなきゃ!」と自分を奮い立たせました。その後の9月場所では、十両優勝を飾り、あっという間に再入幕を果たします。

 

もともと、金星の多い力士として有名ですが、奥さんと結婚してから金星の回数もどんどん増えている印象があります。

 

一緒に苦悩や辛さを共有し、時には叱咤して奮起を促すという力士の妻の鏡のような存在のあいさん。そばで見ている妻という立場として絶対に松鳳山を支えていきたいという覚悟が宿っているんでしょうね〜。

 

関連記事:千代の国の嫁・愛と結婚の馴れ初め!引退危機の怪我は?【マル妻】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です