【M1】和牛のネタ作り担当はどっち?漫才の評価が高い!ネタ動画

和牛 ネタ担当
スポンサーリンク

M1ファイナリストの「和牛」が昨年に引き続きファイナル進出を果たし話題になっています。個人の面白さだけではなく、純粋に漫才ネタが面白いということで非常に評価されている和牛。

 

今回は、和牛のネタ担当や漫才の評価についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

和牛のネタ作り担当はどっち?

和牛 ネタ担当画像引用元:吉本興業

芸人からの評価が非常に高い和牛のネタですが、どちらがネタ作成しているかというとボケ担当の水田さんです。

 

ただし、結成当初は全部を水田さんが考えていたようですが、最近では2人で話し合いながらネタを作り込んでいるようですね。完璧なまでの流れや言葉選びからできるネタはは和牛の2人にしか出来ないものになっていますね!

 

写真や立ち位置でいうと向かって左側の短髪の方が水田さんです。最近ではアメトーークなどにも出演して料理上手な部分をアピールしてますよね!

和牛 ネタ担当

僕はお笑い芸人ではないですが、和牛のネタはすごくよくできていると思います。漫才ネタを耳で聞いているだけで面白いコンビってめっちゃ面白いと思います!

 

和牛のネタも映像で見ていなくても音声を聞いているだけで笑いがこみ上げてきて、耐えられなくなるほど面白いですw

 

和牛以外には「ナイツ」の漫才も聞いているだけで面白いです。顔芸や動きで笑わせるネタとは一線を画す和牛のネタを作る水田さんは天才ではないでしょうかw

 

料理上手なだけにネタの扱いもうまいんですね!

 

もともと細かい水田の性格

和牛 ネタ担当

漫才ネタでは、ボケの水田さんが相方でツッコミの川西さんの言葉の揚げ足をとってはネチネチと理屈っぽい言葉を並び立てていき、川西さんがそれに振り回されるという流れが多いです。

 

へりくつ漫才とも言われているようですね。普通にこんな人おったらイライラしてしまいますね笑

 

もともと相方の川西さんが水田さんの細かい性格を見て「それをネタに生かしてみたら?」と提案したのがネタの始まりだったそうです。

 

ネタというのが分かっていながらも、2人が普通に喋っているような錯覚を起こしてしまう和牛の漫才はすごく好きです。

スポンサーリンク

和牛のネタは芸人の評価が高い!

実は、素人よりも玄人好みと言われている和牛の漫才ネタ。昨年のM1グランプリ決勝では、ファーストラウンドをみた後に「他のネタも見てますけど全部面白いですもんね」とダウンタウンの松本さんにコメントされました。

 

ワイドなショー出演時も「川西のツッコミはエグい」と評価しています。実は川西さんのツッコミに対してはオードリー若林、南海キャンディーズ山里、爆笑問題も高く評価しています。

芸人トップの松っちゃんやテレビで見ない日はない売れっ子芸人さんたちからの評価が高いということはプロから見ても漫才の出来がものすごく良いんでしょうね!

 

でもこれだけ評価されていても、M1グランプリやキングオブコントなど、その場の雰囲気がかなり影響してくるレースでは和牛本来の漫才の面白さがかき消されてしまうんじゃないかと不安にも思います。

 

ズバリその時面白かったコンビが優勝するのがM1グランプリです。笑いの浮き沈みが少なく、平均値が非常に高い和牛であれば順当にいけば優勝するでしょう。でも、爆発力があるコンビが出てきたら…どうなるか楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。