【相撲】横野レイコはなぜ貴乃花批判?嘘つき・ムカつくと世間の声

横野レイコ 批判

日馬富士の暴行事件発覚から九州場所後の引退、そして白鵬のボイコット宣言など様々なところに飛び火しては話題になっている「日馬富士暴行事件」。

 

テレビで見るたびに気になってしまうのが横野レイコレポーターの発言です。11月14日に暴行が発覚してから一貫して貴乃花の動向を批判し続け、相撲協会や日馬富士、白鵬を擁護していますよね。

 

そこで、今回は横野レイコについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

横野レイコはどんなレポーター?

横野レイコ 批判

横野レイコは現在は「とくダネ!」の情報プレゼンターとしても活躍しています。フジテレビ専属のレポーターで芸能ニュースだけでなく、大相撲レポーターとして名を馳せています。

 

今回の日馬富士暴行事件では「バイキング」に連日出演し、相撲関係の情報を赤裸々に語っていることで非常に注目を集めていますよね〜!

 

なぜ横野レイコは貴乃花親方批判するのか

横野レイコ 批判

日馬富士の暴行事件が発覚してから、僕が知る限りでは一貫して貴乃花親方の行動を批判している様に思います。

 

貴乃花親方が謝罪に来た伊勢の濱親方と日馬富士を無視して車で去っていった部分では「子供っぽい貴乃花親方は評価を下げた」と言っていました。

 

また、貴ノ岩の怪我を貴乃花親方が相撲協会に報告しなかったことに「相撲協会を潰す様なことをしてる。協会を混乱させている。」と貴乃花親方の行動を批判しましたよね〜。

 

相撲のレポーター歴30年とバイキングでは紹介されています。それだけ相撲協会にもドップリ出入りしているということでもあります。30年ともなれば、横野レイコの発言が相撲協会のイメージを握ると言っても過言ではないはずです。

 

相撲協会からイメージ操作を依頼されているのかもしれませんし、30年という歳月の中で大相撲の世界への個人的な感情が入り混じっているのかもしれないですね!

 

ただ、現在の横野レイコの発言を聞いていると、どうしても貴乃花だけを批判して相撲協会や白鵬などを持ち上げている様にしか聞こえないんです。。。それは世間も気づいてきてるようですね。

 

個人の貴乃花よりも大きな団体である相撲協会に寄り添った発言をするのは仕事としてわかる気がするんですが、公の場であまりに相撲協会よりすぎて視聴者が引いてる感じが見てとれますね〜。

スポンサーリンク

横野レイコに「嘘つき」「ムカつく」の声

横野レイコ 批判

特にバイキングでは連日のように発言していますので、目にする機会が多くなりました。だからこそ相撲協会よりの発言が目立っているようです。

特に引退の理由が、暴行事件を受けて「お子様が学校でいじめを受けていた」という情報が流れた時に横野レイコが番組内で同情して涙を流したことでも批判・炎上していました。

 

というのもイジメがあったのは全くの嘘情報で、日馬富士の奥さんも学校は子供を守ってくれていると発言しています。

 

じゃあ、横野レイコのあん時の涙はなんだったの?情報も確認せずに信じて泣いたの?と批判が集まっているわけですね。

他にも、貴ノ岩は怒られているときに手にアイスピックを持っていたなど、横野レイコの間違った発言も取り上げられています。

 

世間が貴乃花親方の「きっちり裁きたい」という意見に偏ってきている中では、横野レイコや相撲協会が逆風に立たされている状況です。

 

今後の動きにも注目していきたいですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です