鶴見緑地プールに持ち込み不可!日傘に注意!オムツも注意!

大阪市内で屋外・屋内両方あるプールとして
家族連れにも大人気の鶴見緑地プールですが
気になるのはどんなものが持ち込み可能で
何が持ち込めないのかってことですよね。

 

鶴見緑地プールには意外な持ち込み不可の
ものもありますので必ずこの記事で
事前に確認して行きましょう!

 

特に女性にとっては夏の必須持ち物となる
アレも持ち込み禁止となっていますので
ご注意ください!

スポンサーリンク

鶴見緑地プールに持ち込み不可能なもの

プールに行くにはただでさえ着替えなど
荷物が増えますよね。
そんな時に入場前になって「持ち込み不可」と
言われると「え、また車に置きに戻るん?」とか
めんどくさいことになります。

 

  • テントなどのキャンプ用品
  • お酒、ビン、缶(館内でお酒飲めません)
  • 100センチ以上の浮き輪や遊具

 

えっ、傘アカンの!?

 

そうです。他のものはなんとなくダメなことは
わかりますが、傘も持ち込み禁止となっています。
つまり、日傘も持ち込み禁止です。

僕は何度も鶴見緑地プールに行ってますが
確かに日傘をさしている方を見かけません。

 

お子様とご主人などが泳いでいる間は
どこかで休んでおこうと考えている奥様は
早めに行って日陰を確保する必要があります!
特に夏はただでさえ日陰は競争率が高いので
スムーズに館内に入る必要がありますよ!
混雑を避けて鶴見緑地プールに入るプラン紹介

 

折りたたみ傘をカバンに忍ばせてしまえば
持ち込みできそうですが、館内で使用すると
係員に注意されてしまいそうですね汗
まぁ、周囲の人から白い目で見られるのは
間違いないのでマナー的にやめましょうね。。

 

それから、ワニやシャチなどの大きな
浮き輪も100センチを超えるので
持ち込みできません。

 

オムツも注意してください!

小さいお子様と遊びに行く際には
オムツにも注意が必要です。

 

水遊び用オムツならいいでしょ?
と思いがちですが、それはダメなんです。

 

公式ホームページには

水遊びパンツ着用のみのプールへの入水はできません。
必ず、水遊びパンツの上から水着の着用をお願いします。

とあります。

 

つまり、水遊びオムツだけで泳げません。
水遊びオムツが外に見えた状態で泳がないで
ってことです。

 

ですので、小さいお子様用の水着も忘れずに
持って行きましょう。

持ち込み可能なもの

では、反対に持ち込み可能なものも
予習しておきましょう。

 

  • クーラーボックス
  • 食事(缶・ビンは不可)
  • レジャーシート

 

食事の持ち込みは可能です。
日陰を確保できれば、そこにレジャーシートを
敷いてお昼休憩にお弁当を食べることもできます。

 

 

館内でラーメンなども買えますよ

館内にはフードコーナーが営業してますので
中で食事を取ることも可能です。

 

入場時に渡されるリストバンドを使って
全ての支払いが可能なので小銭を持ち込む必要も
なく、非常に便利です。(退場時に清算)
自動販売機のジュースもリストバンドで
支払います。

 

フードコーナーの奥には、テーブルと
パラソルが設置されている空間がありますので
そこで座って食べることもできます。
(プールに目は届かない位置なので注意)

 

お昼の時間帯は人で溢れますので
11時過ぎくらいにお昼休憩することを
オススメします!

 

鶴見緑地プールは休憩時間が約1時間ごとにあり
プール(水)から強制的に退出させられるので
お昼の休憩時間は一気にフードコーナーに
人が押し寄せます。

 

  • ラーメン
  • うどん
  • カレー
  • フランクフルト
  • 唐揚げ棒
  • ジュース各種

など、メニューも豊富です。
(メニュー変更になっている可能性もありますので、詳しくは現地でお問合せください)

 

持ち込み物のまとめ

鶴見緑地プールに行く際には
以下のことに注意しましょう。

 

持ち込みできないもの

  • 傘の持ち込みダメ
  • 大きすぎる浮き輪ダメ
  • 水着用オムツのみの遊泳ダメ
  • お酒は飲めない

 

持ち込みできるもの

  • 食事の持ち込みオッケー
  • レジャーシート持ち込みオッケー
  • カメラ持ち込みオッケー
  • ラッシュガード着用オッケー

 

以上のことに注意して、思いっきり
夏の鶴見緑地プールを楽しみましょうね!

 

鶴見緑地プールの混雑状況や並ばず入場できるプラン
ご紹介していますのでぜひご覧ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です