会社は社員を愛さない。だから社員は会社を愛さない。

どうもささZです。 今夜は皆既月食でした。 みなさんは見ましたか?   僕は、月が一旦隠れてまた出てくる時あたりに見れました。   PAK75_bizman20140823093347500     いつもなら月の光を頼りに暗闇を歩く僕ですが 今日は自分が暮らす地球が邪魔になって月が隠れてしまうという そんな月食に現在の自分をなぞらえてしまいました。   煌煌と照らす明かりを頼りに頑張っていた自分が ふと顔を上げるとあたりは真っ暗。   なんで急に暗くなったのか? 明かりとなっていた目標の光が見えなくなっていたんです。     「なんで見えないんだよ!?誰が邪魔してるんだよ!?」     冷静に見てみると、光を隠していたのは自分の影でした。 自分が住む地球という星が目標である月の光を消してしまったのです。       もしかすると月の明るさに地球は嫉妬してしまったのかもしれません。 自分もあんな風に輝けるはずだ、と。   だから、まずは月の光を隠してしまえ!!!       結果、月の光は消えましたが、地球に注ぐ夜の光も消えてしまいました。 地球は暗闇に覆われ、自分の行いを悔やみました。   太陽の光だけで生きていけると思っていた自分が甘かった。 月の光も大事だったんだと気付いたのでした。   反省した地球は、位置を変え、元の通り月の明かりを頼りにしました。     なんだよ、地球、 お前イキってんじゃねぇよ。 結局自分じゃ何にもできないくせによ!     この先どうなるのかは分かりません。 地球が滅亡するのか、月はやっぱり隠れてしまうのか。     もうどうにでもなれっていう感じもします。 地球が人間を愛すれば、人間も地球を愛するでしょう。     会社が社員を愛さないのに、社員が会社を愛するはずがありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です