中川家以来の兄弟コンビでも優勝を目指す「ミキ」。今回のM1グランプリではファイナリストに選ばれていますが、優勝を勝ち取ることができるのでしょうか?

 

今回はミキの面白いネタはどっちが作っているのか、また弟の亜生についても詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

ミキのネタ担当はどっち?

最近ではなかなか見ることがない兄弟漫才のミキ。息のあった言葉の掛け合いが見事なコンビですよね〜。

 

ですが、元から兄弟でコンビを組んでいたわけではなく、初めは兄・昴生の方が先に芸人になりました。元は別の方とコンビを組んでいたんですが、あとでNSCに入った弟の強い要望もあって兄弟でコンビを組むことになったようですね!

 

ミキの面白い漫才ネタは、弟の亜生が考えているようです。大きな筋を亜生が考えて、最終的には兄弟2人で合わせていくスタイルかもしれないですね。

 

亜生は小さい頃からお笑い芸人にお焦がれがあったということです。芸人の上岡龍太郎さんが親戚だということです。その血を濃く継いでるんですね〜、と言いたいところですが上岡龍太郎さんをあまり知らないですw

 

弟・亜生は元ヤンキーなの?

そのような事実はないですね。

 

兄の昴生に比べて、茶髪だし、世の中に慣れてる感じするし、イケメンだから「ガラが悪い」というイメージがついたんでしょうか??

 

どこを調べてもヤンキーだったという情報はありませんでした。

 

ちなみに、亜生は芸人になる前は介護士として働いていたようです。個人的なイメージですが心優しい人なのかもしれません。

スポンサーリンク

弟・亜生がイケメン!

男性が2人並べば、どちらがイケメンでどっちがそうじゃないかなんて比べてしまいます。しかも、それが兄弟ともなれば、どっちがイケメンかっていう話題になるでしょうねw

 

ミキの2人で言えば、おそらく大多数の人が弟の亜生の方をイケメンだと答えるでしょう。

 

もしかすると、街中にいてもそこまでイケメンなわけではないんじゃないか、と思ってしまうんですが、やっぱり兄の昴生がブサイクなだけに弟の亜生のイケメン度が割り増しに思えてしまいますよね〜w

テレビ的には兄弟2人でいると弟の亜生のイケメンぷりが生きてくるんですが、それぞれ単独でいると兄の昴生が「面白い」と思います。最近のテレビ的に生きてくるのは兄の昴生の方でしょうね!

 

ミキのブレインとして弟の亜生にもピンで大活躍の未来を期待しています!