2018年1月からの新ドラマ「海月姫」が非常に話題になっていますね〜。漫画でも映画でも東村アキコさんの世界観がすごく面白かった印象ですが、ドラマ版はどうなんでしょうね!

 

一番話題になっていてストーリーでも重要な役柄でもはや主役と言ってもいいのが鯉淵蔵之介です。その役を瀬戸康史が務めるということで話題になっていますので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

瀬戸康史の蔵ノ介役はどんな役?

そもそも海月姫の鯉淵蔵之介はどのような役柄なのかご存知ですか?僕はコミックを最初から最後まで読んだんですが、蔵之介(蔵子)は3番目に好きなキャラクターです!

 

ってゆうか、蔵之介がいなければ「海月姫」の物語は始まっていない、というくらい重要な役柄です。さっきから蔵之介(蔵子)と書いていますが、二役ではありません。

 

実は、瀬戸康史が扮する鯉淵蔵之介は女装して蔵子と名乗る美男子役なんですね〜!

 

海月姫のデザインするクラゲドレスを着こなす綺麗な女性(実は男)というのが鯉淵蔵之介。有力な政治家の息子でもあるため、原作ではそのジュニアっぷりを生かして様々なファンタスティックなイベントも開催したり、お金を使い放題だったりしましたw

 

原作とドラマがどれくらい同じで、どれくらい変わっているのかにも注目ですね!

 

瀬戸康史の女装姿(蔵子)が可愛い!

ドラマのキャストが発表される前から、原作ファンは誰が蔵之介役を演じるのか、と話題になっていました。

 

事前の予想では、志尊淳なんかも候補に挙がっていましたが、結局は瀬戸康史になりましたね。でも、女装が似合いすぎますね!

 

普通に女性なんじゃないかと思ってしまうくらいに可愛い!!

スタイルも男性でありながら細身ですので、レディース服も違和感なく着こなしています。何も知らない人に見せれば、普通に「女性ですよね?」と答えが返ってきそうです笑

スポンサーリンク

過去の女装も美人すぎる!

実は瀬戸康史は以前にも女装していたことがあります。その際にも「女装が可愛すぎる!」と話題になっていましたよね〜。

男子としての見方ではなく、あくまでもこの人は女性だと思って見たとき、瀬戸康史のプックリした唇は非常に魅力的に見えます。

 

奇跡の一枚として撮られたようなものではなく、元から鯉淵蔵之介のために生まれてきたとも言えるようなビジュアルをしてますよね〜!

女子から見ても非常に魅力的な鯉淵蔵之介が登場する「海月姫」は2018年1月から放送です!楽しみですねー!!