【小出恵介】ひきこもり謹慎中の課題図書とは?現在の激痩せ画像

小出恵介 激痩せ

2017年6月に17歳の未成年少女との飲酒・淫行により、同月から無期限の活動停止となっている小出恵介は現在どのような状況にあるのでしょうか?水面下での活動を追ってみると所属事務所からの課題図書を読みふけっているという噂もあります。実際にどのような本を読んでいるのか、現在は激痩せしているという噂について調べて見ました!

スポンサーリンク

謹慎中の課題図書とは?

小出恵介 激痩せ

元々のスキャンダルとなったアルコールを控え、家の中でひっそりとテレビを見たり、読書をして過ごしているようです。家の外に出るのはコンビニに行く程度のようで、引きこもりな生活を続けているようですね。

 

しかも、所属事務所のアミューズから謹慎期間中の「課題図書」も渡されているようです。その課題図書とはどんな書籍なんでしょうか?

 

8月1日発売の「女性自身」では、自宅マンションから出てくる軽装の小出恵介を直撃しています。その際、小脇に抱えていた本が「何のために働くのか」だったようです。

 

「何のために働くのか」はSBIホールディングスCEOの北尾吉孝氏が著したもので、その生き方や働くことについて熱く書かれています。

 

生きることは働くこと、働くことは生きること。
本書の中で、「仕事とは人生そのものと言ってもいいと私は思っています」と著
者は語ります。
また、「仕事に生きがいが見出せなければ、人生の意味がほとんどなくなるとさ
え思います」とも断言しています。
「何のために働くのか」という問いかけに、
あなたならどのように答えますか?

アマゾンレビューより引用

 

「働くことは生きること」という言葉に、過去の自分の間違った行動やこれからどう仕事と向き合って行くのか…という考えを巡らせているのでしょうか?

 

これが課題図書かはわかりませんが、全くジャンルや考え方の異なる書籍を読むとは考えにくいので僕個人的には以下のように予想しました!

生き方−人間として一番大切なこと

かの有名な稲盛和夫氏が著した売り上げ100万部を突破しているミリオンセラーである。

 

京セラ、KDDIを創業し、日本航空(JAL)を再建させた「経営のカリスマ」の考えが圧縮された一冊です。サッカーの長友佑都選手や野球日本代表監督の小久保氏も座右の書として掲げているほどの名作です。

 

経営のカリスマとも呼ばれる稲盛和夫氏の考えやビジネス論だけでなく、その人生、生き方まで書かれているので、現在の小出恵介には深く染み入る部分がたくさんあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

道をひらく

またも経営者で攻めますが、今回は「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助氏の著書です。幼少の頃から丁稚奉公に出て、様々な苦難を乗り越え、苦労しながら成功を収めていった彼の人生や教えが詰まった著書です。

 

小出恵介自身も現在の失敗、苦悩を糧としてさらなる飛躍を実現するために、経営の神様の考えをインストールしているかもしれません。

 

 

現在の小出恵介は激痩せしてる?

小出恵介 課題図書

ドラマの主役を務めるほどの演技派俳優の地位を確立していた小出恵介が、突然の報道で一気に地位が地の底まで落ちてしまい、さらに他の女性からも被害申告(慰謝料目当てか?)が相次いだとの報道がなされています。

 

自分に置き換えて考えるのは非常に難しいですが、おそらくご飯なんか喉を通らないでしょうね。ましてや外にも出たくないですし、陽の光も浴びたくない。知らない人の目が怖い。そんな精神状態で過ごしているのではないでしょうか。

 

食べて食べて激太りというストレスの種類ではないと思いますので、やはり激痩せしているという噂は信ぴょう性が増してきます。

 

残念ながら画像はありませんが、現在の小出恵介の状況を考えると憔悴しきっていて激痩せしている姿が目に浮かんできます…。

 

やってしまったことは消すことはできません。しっかりと反省し、またスクリーンで活躍してくれる日を待っています!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です