2017年のノーベル文学賞の受賞者が発表され、今年はカズオ・イシグロ氏が受賞されました。村上春樹は今年も受賞はなりませんでしたが、日系のイギリス人であるカズオ・イシグロ氏の受賞に注目が集まっています!

 

ここで、カズオ・イシグロ氏の作品の中でも、ドラマ化や映画化された作品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

カズオ・イシグロの映像化作品は?

カズオイシグロ 映画化

ちなみに映画化、ドラマ化された作品をご紹介していきますが、ネタバレを防ぐためにあらすじなどの解説はできるだけ避けました。

 

わたしを離さないで

2005年に発表された長編小説です。

 

2010年にキャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイが主演を勤め、マーク・ロマネク監督がメガホンをとって映画化されました。

 

日本でも、2014年に今は亡き蜷川幸雄氏の演出によって、多部未華子主演で舞台化もされています。

 

また、2016年1月期には、綾瀬はるか主演でTBSドラマ化されたのは記憶に新しい方も多いんじゃないでしょうか?原作のイギリスから舞台を日本に移し、ドラマ化されました。

 

ドラマを撮るにあたり、綾瀬はるかはカズオ・イシグロ氏と4時間に及ぶ対談を行ったようですね〜。

日の名残り

こちらは、カズオ・イシグロの3作目の長編小説です。

 

1993年にアンソニー・ホプキンス主演で映画化されました。エマ・トンプソンやヒュー・グラントなども出演して話題になりました。

日本での映像化の情報は得られませんでした。

 

スポンサーリンク

カズオ・イシグロのノーベル賞受賞は意外?

ツイッターやニュースではカズオ・イシグロのノーベル賞の受賞が意外だと話題になっていますね!

 

確かに、下馬評では「今度こそ村上春樹が文学賞だ」と期待されていただけに、ここでカズオ・イシグロか!となった方は多かったみたいですね〜!

 

でも、女優で作家の中村有里さんなどもカズオ・イシグロ氏の受賞を予想されていたみたいです。

 

愛情に溢れたカズオ・イシグロの作品を読んだことがない方はこの機会に読んでみてはいかがでしょうか?