【メンズ限定】ツーブロックの髪型はサラリーマンの味方!

前回の記事の続きです。

 

くせ毛を刈り上げれば悩みもなくなると確信し

ドヤ顔で美容師に向かって「ツーブロックでお願い」と

行った僕に美容師はこう言いました。

 

前回の記事はこちらから

くせ毛でサラリーマンの僕がツーブロックにした理由

 

 

スポンサーリンク

 

髪の長さが足りません

「被せるにはささZさんの髪の長さでは浮いてしまいます」と

言われました。

 

 

???

 

???

 

 

浮く???

 

 

刈り上げ部分の上に被さってくる髪の毛の長さが足りない場合、

髪本来のコシによって地面の方向に落ちてくれないんです。

 

生えている方向に(つまり外に向かって)生えていくので

結局のところ、浮いてしまいモッサリになってしまうことが

判明したのです。

 

 

 

それから髪を切りつつ伸ばす日々が続きました。

 

ツーブロックサラリーマン

 

念願のツーブロック

被せる為の髪も伸び、やっとの思いでサイドから襟足にかけて

刈り上げました。

 

6ミリで刈ってやりましたよ!!

 

 

なんとも爽快な毎日。

髪をセットする際にボリュームを抑える必要が全くないんです。

 

 

今までは、外側に向かって生える髪の毛に根元からワックスをつけ

その後ボリュームを抑えるというセット方法でした。

 

ツーブロックにしたら、抑えることをしなくて良いので

非常に楽ですし、朝からストレスがない!!

 

 

 

しかし伸びてくる刈り上げ部分

刈ってから2週間も経つと伸びてくるんですよ。

刈り上げた短い髪の毛たちが…。

 

 

子供が生まれ、生活費も切り詰める中で

お金がない僕は伸びた髪を切るすべもなく

結局3週間も経つとモッサリヘアに戻っていました。

 

 

どうにかならないものか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間で刈り上げ部分だけ切ったらいいんじゃね?

 

 

それなら腕に信用がおけない1000円のカット屋さんでも

頼めるはず!

 

刈り上げてる部分を前と同じ6ミリでカットするくらいできるはずだ!!

 

 

 

 

結果は大成功!!

モッサリヘアが解消されたのです。

 

 

 

それからは、月に一度5000円を払ってカットしていた頭ですが

月に2度1000円づつ支払うだけで、ストレスのない髪型にできたのです。

 

 

 

そして、今では自宅で刈り上げ部分を刈っています。

そう、バリカンを買ったのです。

 

 

1ヶ月に一度だけ、奥さんにお願いして刈り上げ部分を

バリカンで刈ってもらいます。

 

そして、刈った日から2週間後、1000円カットで

頭頂部などを整えてもらい、サイドから襟足を刈り上げてもらいます。

 

 

また伸びてきた2週間後くらいに奥さんにお願いして

バリカンで刈ってもらいます。

 

 

そのおかげで、今では散髪にあてていたお金を

随分と節約することができています。

 

 

詳しい説明はこちらの記事から

ツーブロックで年間48000円節約!サラリーマンの髪型革命

 

 

ちなみに、僕が一年で使う散髪代は12,000円です。

毎月美容院に行っていた頃は、年に60,000円かかっていました。

 

散髪するとともに散財していたんですね…。

 

ツーブロック

 

 

みなさんもツーブロック試してみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です