将棋・羽生善治が永世7冠!竜王戦の賞金や生涯獲得賞金はいくら?

羽生善治 賞金

なかなか獲れずに、毎回あと一歩のところで涙を飲んでいた将棋の羽生善治さんが竜王戦で15期ぶりの勝利を収め、永世7冠となりましたね!名人なんて言葉では足りなさすぎる羽生善治さんの気になる賞金について調査して見ました!

スポンサーリンク

羽生善治の永世7冠ってなに?

羽生善治 賞金

そもそも永世7冠ってなんなんでしょうね?すごく簡単にご説明すると「永世」で「7冠」であると言うこと。

 

永世」とは、いわゆる「殿堂入り」と言うとわかりやすいと思います。数ある将棋の大会で、その大会について圧倒的に強い・勝った棋士を永世と呼びます。

 

7冠」とは、将棋界のメジャーな7大大会を全て制したと言うことです。しかも、今回の竜王戦は一番ランクが高い大会です!

 

将棋の7大大会とは?

  1. 竜王戦
  2. 名人戦
  3. 王位戦
  4. 王座戦
  5. 棋王戦
  6. 王将戦
  7. 棋聖戦

を指します。この7つの大会の全てにおいて「永世」の称号を獲得して「永世7冠」となったのが今回の羽生善治さんです。それを聞くとどんだけすごいことか分かりますよねw

 

竜王戦の賞金はいくら?

羽生善治 賞金

将棋の大会では賞金があります。当たり前ですが、ランクが高くなるほどに賞金の金額も高くなっていきます!

  1. 竜王戦 4,200万
  2. 名人戦 2,000万
  3. 王位戦 1,000万
  4. 王座戦   800万
  5. 棋王戦   600万
  6. 王将戦   300万
  7. 棋聖戦   300万

以上は推定金額ではありますが、今回の竜王戦での優勝で4,200万円もの賞金を手にしたことになります!

 

一般サラリーマンの8年分くらい稼いでることになりますね汗

 

スポンサーリンク

羽生善治の獲得賞金は?

羽生善治 賞金

厳密な生涯獲得賞金額は分かりません(当たり前)が、優勝した回数から推定してみましょう!

◆羽生棋聖の獲得した全タイトル
竜王 7期(連続2期が2度)
名人 9期(連続3期が2度)
王位18期(連続9期)
王座24期(連続19期)
棋王13期(連続12期)
王将12期(連続6期)
棋聖16期(連続10期・継続中)

引用元:スポーツ報知

 

つまり、以下のように賞金を獲得していると推定できます。

  • 竜王7回 ×4,200万円=2億9,400万円
  • 名人9回 ×2,000万円=1億8,000万円
  • 王位18回 ×1,000万円=1億8,000万円
  • 王座24回 ×800万円=1億9,200万円
  • 棋王13回 ×600万円=7,800万円
  • 王将12回 ×300万円=3,600万円
  • 棋聖16回 ×300万円=4,800万円

以上の金額を合計すると、
10億800万円となります!!

 

めっちゃ凄いやん!!
あくまでも推定額ですし、他の大会での優勝も含めればもっと大きな金額になることでしょう!

 

将棋ってあんまり稼げない、と言うか、ここまで賞金が凄いとは思ってませんでした。。。

 

ここまで究極に強い棋士は生きてる間には他に見られないかもしれないと噂まである羽生善治さん。藤井4段やヒフミンなど将棋に関する有名人が増えて来ていますので、これからの将棋界が楽しみですね〜!!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です