結婚式へ出席することになったけど、ビジネススーツしか持ってないし、礼服を買うお金も時間もない、という男性は多いと思います。(僕もその1人です笑)

 

今回は、ビジネススーツでもマナー違反ではないのか、おしゃれに着こなす方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ビジネススーツはマナー違反?

スーツ 結婚式

あなたがどういう立場で結婚式に参加するかが重要になります。親族の結婚式なのか、同僚や友人の結婚式なのか。

 

基本的にはビジネススーツでもマナー違反と捉えられることは少ないです。新郎新婦としても、自分の結婚式のためにわざわざ礼服を揃えた、となると気がひけるでしょうし(友人なら尚更)

 

ただし、色と柄には気をつけましょう!

 

正式な服装と言われる礼服は黒です。ビジネススーツでも礼服に習って、黒のスーツを選びましょう。最近では、ネイビーなどでも暗めの色であれば問題ありません。

 

目立たないようであれば、ストライプなどの柄が入っても問題ありません。

 

明るいグレー系やシルバーは新郎の衣装と被ってしまう可能性が高いので避けましょう。女性が白のドレスを着てはいけないのと同じです!

 

それから、可能であればパンツは裾が折り返していないシングルを選びましょう。

スポンサーリンク

おしゃれなビジネススーツの着こなしは?

結婚式は花嫁と花婿が主役であることは大前提です。
これは忘れないようにしましょう。

 

その上で、おしゃれに見える着こなしを見ていきましょうね!

 

体にフィットしたスーツ

近年のトレンドは体にフィットしたスーツです。緩めに作られた礼服では見せられないおしゃれ感が出せます。

ビジネスシーンでも清潔感があって、取引先やお客様から、さらには女性からの印象も良いので新調を考えているのであれば体に合ってスリムに作られたスーツを選びましょう!

 

色柄を抑えたシャツ

基本は白です。ストライプなどの柄モノの方がおしゃれに見えますが、主役はあなたではありません。グッと我慢しましょう。

 

また、襟をボタンで止めているボタンダウンも主役より目立とうとしていると捉えられる傾向にあるので避けましょう。

 

ネクタイとポケットチーフが見せ所!

スーツは黒、シャツは白。柄はやめとけ!となるとオシャレに魅せれる方法はネクタイとポケットチーフです!

 

と言っても、派手な柄(アニマルは特にダメ)は避けるべきですし、黒などは喪服に見えてしまいます。

 

そこで、光沢のシルバーを選びましょう!
光沢のあるシルバーは、スーツの黒、シャツの白と相性が良く、清潔感もあり高級感も感じることができます。

 

そこに同様の色で合わせられたポケットチーフが胸元のアクセントになれば好印象です!

以前は、ネクタイのディンプル(結び目の下の溝)も結婚式の時は作らない方が良いとされていましたので、年配の方も多い結婚式では気をつけましょう!

 

マナーが分からず服選びに苦労するのは他の出席者も同じことです。そんな中で、ピシッとスーツ姿が決まっていると男性からも女性からも評価が上がるのは間違いありません!

 

良い結婚式にしましょう!!